ダイヤモンドの売却と鑑定書

ダイヤモンドの売却と鑑定書

ダイヤモンドを購入する時というのは一緒に鑑定書を貰うことができるようになっています。この鑑定書にはそのダイヤモンドのグレードなどが記載されており、その品質を証明するためのとても重要な書類になりますので無くさないよう大切に保管しておかなければなりません。

 

しかし、中にはその鑑定書をいつの間にか紛失してしまったという人も決して珍しくはありません。やはり、そういった書類は日常的に使うものではありませんから何年も経ってしまうとどこに行ったのか分からなくなってしまうというのも無理はないと言えるかもしれませんね。

 

それに、自分の持っているダイヤモンドが貰い物だった場合にはそもそも鑑定書がないというケースもとても多くなっていたりします。基本的に誰かにプレゼントをする際には鑑定書までセットで渡すという人は少なくなっていますのでそもそも持っていないということも珍しくありません。

 

ですが、そうなってくると買取店で査定をしてもらうことができないのでは?と思ってしまう人も出てきてしまうのではないかと思います。やはり、わざわざ鑑定書というものが発行されるくらいですからこれがないと査定してもらえないと感じてしまうのも当然と言えるでしょう。

 

しかし、例え鑑定書がなかったとしてもしっかりと査定をして値段を付けてもらうことはできますから心配する必要はありません。やはり、査定士が見ればどういったグレードの物なのかというのは判別可能ですからそれだけで値段が付けられないということになるわけではないのです。

 

特に実績豊富な買取店の査定士というのはたくさんのダイヤモンドを査定しているので安心して見てもらうことができるようになっています。そのため、鑑定書がないからと言って売却ができないのではと感じている人は全く不安に思う必要はありません。

 

やはり、なんだかんだ言っても大切なのは「売却するダイヤモンドその物」になってきます。このダイヤモンドの質が高ければしっかりと高価買取をしてもらうことは可能ですから付属品などがない場合でもまずは査定をしてもらうということから始めてみることが大切です。