ダイヤモンドの買取額の違い

ダイヤモンドの買取額の違い

不要になったダイヤモンドは買取店で売ることができるわけですが、この時に提示される査定額というのは結構お店によってばらつきがあったりします。もちろん、相場を考慮して値段が付くわけですがそれでも大きな差が出てくるというケースは珍しくありません。

 

一般的には「どこで売っても大体同じなんじゃないの?」と思っている人が多いのですが実際には全く違う結果になってしまうことが多々あったりします。ではなぜそんなにお店によって買取額に差が出てしまうことになるのでしょうか。

 

査定士の違い

買取金額というのは査定士が実物を念入りにチェックして決めることになるのでこの査定士の力量によってかなり大きく変わってくることになってきます。当然ですがたくさんのダイヤモンドを取り扱っているお店の査定士の方が経験豊富なためそれだけ高い査定額になりやすくなってきます。

 

メンテナンスコストの違い

買い取った商品というのはメンテナンスを行ってから再販売されることになってきます。そのため、外部にメンテナンスを依頼している会社よりも、自社で商品メンテナンスを完結させられる会社の方がコストを安く抑えられるためより高く買取を行うことができるようになってきます

 

販路の違い

買取店はダイヤモンドを仕入れた後にその金額よりも更に高く売ることで成り立っています。そうなってくると当然ながら有力な販路を持っている会社の方がより高く再販売できる可能性が高い分、他社よりも高い金額で買取を行うことができるようになってきます。

 

 

この様にダイヤモンドの査定金額というのは複数の要素が重なり合って決まることになってきます。そのため、これから不要なダイヤモンドを売ろうと考えている人はしっかりとこれらの点を踏まえた上で売却先を決めるようにしていくことが大切です。